前歯の表の磨き方

    前歯の表側、つまり唇の側は、
    歯並びに問題さえなければ、みがき易く、
    効果を鏡で確認し易い場所です。 

    歯面の平らな部分は、毛先全体を歯面に90度にあてて、
    左右方向(横みがき法)、上下方向(縦みがき法)、
    円弧運動(フォーンズ法)でみがきます。

    歯のつけね部分(歯頚部)は、毛先やわきを使って、
    加圧しながら小刻みな振動運動させます。
    1〜2本ずつみがいて下さい。

    つけね部分(歯頚部)のプラーク除去と
    歯肉マッサージが目的です。 

      歯と歯の接する部分(隣接面)は引っ込んだ場所なので、
    毛先のわき(サイド)を押し込むようにしてみがきます。

    一カ所づつ、みがきます。隣接面は食物残渣が停滞し易く、
    虫歯の好発部位です。

    歯ブラシで取れないときは、デンタルフロスを使って下さい。