歯磨きの基本

    ブラッシングは、毛の脇腹を使って回転させる方法と、
    毛先を使って左右・上下の往復運動・こきざみな
    振動運動する方法に大別できます。

    かつてはローリング法が主流でしたが、最近は毛先を使う
    バス法やスクラッピング法などが、重視されてきました。

    歯ブラシも、回転法に適した硬めで長めの形態から、
    毛先法に合わせて軟らかめで短めの製品が増えてきました。

    ブラッシングのテクニックも、毛の脇腹を使う
    (おもに回転運動させる)、毛先を使う
    (上下・左右運動、振動運動)ローリング法や スティルマン法 、

    縦横に磨く方法や、バス法のように、脇腹を使うなど、
    色々なブラッシングテクニックが提唱されています。