子供の口腔衛生

    子供の頃から口腔衛生の習慣をつけることは、
    一生歯を守ることにつながります。

    まずは、親が正しい知識を身につけるため、
    歯科医で指導を受けましょう。

    その後、歯磨きが嫌いになったりせず
    自然となじむように工夫します。

    子供自身に自分の好きな色の歯ブラシや好きな
    味の歯磨き粉を選ば手も良いでしょう。

    子供は歯磨き粉を飲み込みがちですので
    歯ブラシにつける歯磨き粉は少量にしてください。

    また、歯磨き粉を嫌いな場合は無理につけなくてもかまいません。
    歯磨き粉を使わなくても、適切な歯磨きを行う事は可能です。

    上手にできない場合、親が手伝うことも必要ですが、
    自発的に歯磨きをした後などには結果にかかわらず
    ほめてあげることも大切です。