歯石について

    歯垢を放置すると、
    細菌が唾液の中のカルシウム成分と混ざり歯石になります。

    歯石には栄養分が含まれているため
    細菌にとっては非常に繁殖しやすい住処です。

    表面が軽石状、つまりデコボコしているため
    歯垢や食べカスがたまりやすく、また、
    古くなるにつれて、どんどん硬くなっていきます。

    したがって、軟らかい食べカスや歯垢は、
    歯ブラシなどで磨けば取りのぞけますが、歯石はとれません。

    歯と歯肉の境目にたまって、
    目に見える歯垢は好気性菌の集団です。
    この好気性菌は酸素のとどく範囲内で繁殖します。

    いったん歯石ができてしまうと、自分で取ることはできないため、
    検診も兼ねて定期的に歯科医で
    除去してもらうことをおすすめします。