後遺症と転移

    口(口腔)の機能は食物を噛み砕き、飲み込み、
    食物を味わい、言葉をしゃべったり、鼻とともに呼吸路として
    人間が生きていくうえで最も重要な役割をしています。

    治療によって、こういった機能の一部が
    損なわれることがあります。

    これらの機能障害や顔貌の変化は形成外科的手術の導入や
    術後の入れ歯(義歯)の装着によりかなり改善されます。

    術後は定期的に厳重な経過観察が必要です。

    必要に応じて血液検査、組織検査、
    エックス線撮影など画像診断を行います。

    口腔がんも他のがんと同じように転移します。

    一番多く見られるのおとがい下リンパ節、顎下リンパ節、
    頚部首筋のリンパ節(以上領域リンパ節)です。
    その他では肺に転移します。