口腔がんの治療

    口腔がんの治療は、そのがんがどの様な
    組織から成り立っているかにより多少違いがあります。

    一般的には、単独の放射線治療、放射線治療+化学療法、
    放射線治療+化学療法+手術(形成外科手術を含む)、

    手術単独(形成外科手術を含む)などの
    組み合わせで治療が行われます。

    どの治療法を選ぶかは患者と医師との間で、
    後遺症に関することも含み、充分話し合って行われます。