紅板症

    紅板症は、紅色肥厚症とも言われ、
    舌・歯肉(歯ぐき)・その他の粘膜に発生します。

    症状は境界がかなり明瞭な紅色(赤色)をして、
    ビロード状や表面はつるっとしている病変です。

    この病変は約半数はがん化するといわれ、
    極めて危険な病変です。

    悪性リンパ腫も口腔内のどこの部位からでも発生します。

    特に歯肉から発生している症例では、
    しばしば歯からの感染と誤診されがちです。