口腔がんの症状

    口腔腫瘍の一般的な特徴は、
    ほとんどの場合初期には痛みを感じることが少なく、
    また無痛性の腫脹がみられます。

    そのせいで、普段の生活や仕事になどには
    影響がみられないのが普通です。

    また口内炎と誤診され易く、患者も口内炎だから
    直ぐ治るだろうと思い放置している場合が多く見受けられ、

    受診時には腫瘍が大きくなりすぎている場合や
    周囲組織への強い浸潤を伴う症例がしばしば見られます。

    しかし、舌がんの約1/3から半数は刺すような痛みを伴い、
    ある種の唾液腺がんはあごの下から側頭部へ
    かけ強い痛みが放散するものもあります。

    あごの骨に発生した悪性腫瘍はしばしば唇やおとがい部のしび
    れ感など神経障害や歯痛、歯が浮いた感じなどが出現します。

    顎の下や首すじの無痛性の
    グリグリ(リンパ節)が見られることもあります。
    口腔には前がん病変という粘膜の病気がしばしば見られます。

    前がん病変とは普通の口腔粘膜病変に比べて放置しておけば
    「がん」に移行する率が高い病変を言います。

    口腔粘膜は通常ピンク色をしていますが、白色・紅色・黒色など
    ピンク色以外の粘膜の着色は要注意です。