ドライマウスの症状緩和

    唾液が出にくくなっているときには食間に
    シュガーレスガムを噛み唾液を分泌させましょう。

    ガムを噛むことにより、筋肉が刺激をうけ唾液が分泌されます。

    乾燥が著しいときには水分を十分補給し、
    症状によりヒアルロン酸配合保湿剤や
    洗口剤を用いるようにしましょう。

    これらの対策は、
    唾液分泌の低下による歯科疾患の予防効果もあります。