生活上の注意

    唾液には様々な機能があり口腔内の歯や
    粘膜を守る働きがあります。

    ただし、ブラッシングを怠っては口腔内を
    良い環境に保つことは出来ません。

    現代の食生活は歯に付きやすい食品も多く、
    食後は十分なブラッシングをするよう心がける必要があります。

    現代の食生活はファーストフードや噛まなくても飲み込める
    食事が多くなっています。
    噛まないことで筋肉が衰え唾液の量も減少します。

    普段の食生活をファーストフードから
    よく噛み咀嚼するスローフードへと見直しましょう。

    また、唾液腺の発育は約15歳がピークになるため、
    発育途中の子供には十分注意をする必要があります。

    唾液腺が発達しなければ将来身体機能が低下するにつれ
    虫歯や歯周病の増加や口腔内の乾燥状態が進行し生活が
    困難になることが予想されます。