ドライマウスと口臭

    ドライマウスにより唾液分泌量が低下した状態では、
    唾液の持つ力が発揮できません。

    唾液には様々な作用がありますが、
    口が渇くと唾液分泌量が低下するため、

    ネバネバしたり唾液の機能が十分に働くことが出来なくなります。

    なかでも抗菌作用、自浄作用低下は
    食べかすを残しやすくし細菌の栄養分になります。

    そうなると細菌の増殖、繁殖が始まり、
    そのせいで口臭が強くなることがあるのです。