ドライマウスとは

    ドライマウスは口腔乾燥症ともいわれ
    口の中や喉の渇きを主とする症状が現れます。

    眼に現れる乾燥症のドライアイ同様、
    最近徐々に注目され始めています。

    ドライマウスの人口が増加している背景には現代人に多い主に
    ストレスや不規則な食生活が原因であることがわかっています。

      軽度では主に口の中のネバネバ感、虫歯、歯垢や舌帯の増加、
    それに伴った口臭も現れます。重度になり唾液分泌量が低下し
    口腔内の乾きが進行すると、強い口臭、舌表面がひび割れ、

    割れた舌の痛みいわゆる「舌痛症」で食事がとれない摂食障害、
    会話時にしゃべりづらいなどの発音障害も現れます。
    場合によっては不眠をおこすことにもなります。

    さらに自己免疫の異常(自己免疫疾患)によるものを
    シェーグレン症候群といい全身に様々な障害を
    引き起こすことがあり注意が必要です。