口内炎の原因

    歯ブラシがぶつかったり、
    誤って噛んでしまったりといった物理的な刺激や、

    ウイルス・かび・細菌の感染、金属アレルギーなど、
    口の中の原因によって起こる場合と、

    ビタミンC不足などによる栄養障害、自己免疫異常の病気、
    薬物アレルギー、胃腸障害など、
    全身的な原因によって起こる場合があります。

    日頃から、口の中を清潔に保ち、歯を磨く時には
    粘膜を傷つけないように正しいブラッシングを行うほかに、

    栄養バランスのよい食事を心がけるなど、
    全身の健康にも気を配ることで予防効果が期待できます。