顎関節症の症状

    顎関節症の主な症状は、
    顎関節部を中心として顎関節周辺や筋の異常による、
    顎関節部及びその近辺の疼痛や、開閉口運動の異常、

    口を開閉した時の関節雑音、筋の疲労、過緊張による頭痛、
    肩こりなどといった筋肉症状です。

    また、副症状として、頭部、頸部、肩、背中、腰、
    手足の疼痛、違和感、めまい、耳鳴り、耳閉感、眼の充血、
    などや、自律神経失調症の諸症状が見られることがあります。

    顎位が定まらない、咬合異常症状は、慢性的な経過をたどり、
    症状が軽減されたり悪くなったりをくりかえします。