顎関節症の原因

    顎関節症の発症因子として考えられるものは、
    ストレスや歯ギシリ、持続的に歯を食いしばる、
    頬杖、うつ伏せ寝、不良姿勢等があります。

    また、顔面打撲や事故による外傷、不良補綴物、
    大開口や硬い食物の摂取、長期的偏咀嚼等が
    主原因の場合もあり、副次的要因としては、

    ストレスによる筋の緊張、不正咬合、骨格異常、
    精神的うつ状態などがあげられます。

    さらに、全身疾患、栄養不良、性格特性(神経質、
    几帳面、すべてに一生懸命に対応する)などといった要素も
    副次的に関与して発症するものと思われています。