唾石症

    唾液腺の中にできる石を唾石(だせき)といいます。

    この唾石により唾液がうまく流れなくなると、
    唾液腺が腫れたり痛みが出て、細菌が感染すると
    化膿して膿が出てくることがあります。

    唾石症はさほど多くはありませんが、
    特に珍しい病気でもありません。

    唾液を分泌する器官の総称を唾液腺といいます。
    その大きなものとしては、耳下腺(じかせん)、
    顎下腺(がくかせん)、舌下腺(ぜっかせん)と、
    顔のほぼ左右対称に三種類あって、
    三大唾液腺と呼ばれています。

    この三大唾液腺で、唾液分泌量全体の約90%を
    占めるといわれています。