セメント質

    歯根部の象牙質をおおっている硬組織のことで
    約60%が無機質、25%が有機物、
    15%が水からできています。

    無細胞セメント質と有細胞セメント質に分かれ、
    無細胞セメント質は歯根象牙質前面を直接覆っており、
    有細胞セメント質は、歯根の根尖側1/3に存在し、
    無細胞セメント質を被覆しています。

    セメント質は、多数の突起を有するセメント細胞殻でできていて、
    栄養の供給を歯根膜から受けています。

    年とともに肥厚し、高齢者では、歯槽骨と癒着することもあります。
    有細胞セメント質(根尖側1/3に存在)には、セメント細胞が
    存在する為、一度吸収されたのちでも再生が可能な組織です。