象牙質

    象牙質は、エナメル質やセメント質と
    歯髄腔の間にあり、象牙芽細胞により作られます。

    エナメル質より柔らかいため、
    虫歯が象牙質まで達した後は急速に進行します。

    象牙質全体を象牙細管という管が走っていて、
    象牙芽細胞の突起を中に含んでおり、
    象牙質の形成と、形成後の維持の役割を果たしています。

    象牙芽細胞は歯の萌出後も象牙質と歯髄の
    境界部に存在しているため、必要なときに
    象牙質を形成することができのです。