睡眠中の細菌増加

    歯や、歯肉の病気の主な原因である細菌は、
    睡眠中に増殖します。

    食べ物を食べ、咀嚼すると唾液が分泌されます。
    この唾液には口の中の細菌や食べかすを
    洗い流す自浄作用という働きがあります。

    しかし、眠っている間は唾液の量が減少して自浄作用が低下
    します。しかも適度な温度が長時間保たれるため、眠っている
    間のお口の中は細菌が繁殖しやすい状態になるのです。

    健康な歯を保つためにはプラークコントロールが大切です。

    時間がなくて朝食後や昼食後のブラッシングが不十分
    という人は、夜のケアを念入りにしましょう。

    就寝前の口腔清掃が不十分だと、口の中にはたくさんの汚れや
    細菌が残ってしまいます。すると寝ている間に細菌が増殖し、
    起床時の細菌数が夕食後の約30倍にもなることがあるのです。