フッ素の効果

    フッ素は、歯磨き剤に含まれていたり、
    歯科医で塗布を勧められたりする物質です。

    ムシ歯の原因は、歯に付着したプラーク(歯垢)です。
    プラークを取り除いたり、付きにくくすることを
    プラークコントロールと言います。

    つまり、プラークコントロールをすることでムシ歯予防が出来ます。
    しかし、丁寧に歯みがきをしても、
    どうしてもプラークは残ってしまいます。

    ところが、「フッ素」には次のような効果があり、
    ムシ歯予防に役立つのです。

    まず、プラークがつくる酸の量を抑えてくれます。
    次に、歯の再石灰化を促進します。

    つまり、カルシウムやリンなどが溶けだして(脱灰)、ムシ歯に
    なりかかった部分の再石灰化(カルシウムやリンなどの再沈着)
    を促進させる効果があるのです。

    また、歯の表面を酸に溶けにくい質に改良します。
    脱灰と再石灰化はシーソーのような関係にあり、
    再石灰化が強ければムシ歯になりかかった部分の
    自然修復作用が期待できるということになります。