歯周病の3S

    歯周病の特徴には3つのSがあるという言葉を
    聞いたことのあるひともいると思われますが、
    この言葉は以下のような意味を含んでいます。

    Silent disease(沈黙の病気)
    歯周病は、痛みもなく静かに進行していく病気です。
    自覚症状に乏しく、放置してしまうケースが多く、症状に気がつ
    いたときにはかなり進行した状態に陥っていることがあります。

    Social disease(社会的な病気)
    歯周病というと中高年からの病気と思われがちですが、
    多くの国民がかかっている社会的な病気です。
    30歳以上の成人の8割以上が歯周病にかかっています。
    また、最近では小中学生など若年層にまで
    広がりを見せています。

    Self controlable disease(予防できる病気)
    歯周病は自分自身のケアで予防することのできる病気です。
    毎日のプラークコントロールに加えて、歯科医院で定期健診や
    プロフェショナルケアを受けることで、歯周病予防が可能になります。

    このようなことを意識した生活習慣は、
    一生自分の歯を守ることにつながります。