咀嚼の効果

    物を噛むことには、様々な効果があります。

    ゆっくりよく噛んで食べると食べ過ぎをふせげ、
    よく味わうことにより食物の味がよくわかり、
    よく噛むことによりあごの発達がよくなります。

    また、噛むことは脳にも良い影響を与えます。
    さらに、ムシ歯や歯ぐきの病気の予防になることに加え、
    唾液中のペルオキシダーゼが食品中の発ガン性を
    無毒化することも知られています。

    良く噛むことで消化を助け、満腹感も得やすいため
    食べ過ぎをふせぐ効果もあります。

    毎日の習慣ですから、いままで急いで食べていた人が
    急によく噛むことはなかなか実際は難しいものですが、
    時間があるときには楽しく食事をしながら
    よく噛むことをこころがけましょう。