喫煙と歯

    タバコを吸うと、歯にヤニが沈着し、
    見た目が悪くなることを気にする人は多いですが、

    実は喫煙は、歯周病を悪化させる
    大きなリスクファクターでもあるのです。

    タバコを吸うと血管が収縮し、
    歯肉の血行不良をひきおこします。

    そのため、赤くなるなどといった見かけの
    歯肉の炎症は少ないのですが、

    歯周病細菌に対する抵抗力が低下し歯周病を重症化させます。