バイオフィルム

    ごく最近になって、バイオフィルムという言葉が
    使われるようになりました。

    バイオフィルムとはプラークのことで、
    歯周病はバイオフィルムによる感染症といわれています。

    歯周病細菌は、口腔内に住んでいる多くの細菌と、
    細菌自身が作り出す粘着性のある分泌物の中で生きています。

    分泌物の中では、いろいろな性質を持った細菌が、
    歯や歯石の表面にフィルム状に付着して増殖します。

    このようなフィルム状の細菌の集合体を
    「バイオフィルム」と呼ぶのです。

    バイオフィルムは、ネバネバした分泌物で守られているため、
    抗生物質や殺菌剤なども効きにくくなります。

    そのため、バイオフィルムの中の歯周病細菌が
    活発になると歯周病が発症したり悪化したりします。
    正しい歯磨き習慣でバイオフィルムを除去しましょう。