歯の色素沈着

    タバコのヤニやコーヒー・紅茶のタンニンが歯につくと、
    黄ばみや色素沈着の原因になります。

    タバコのヤニはニコチンやタールからなっていて、
    褐色に変化し唾液中のカルシウムなどと
    結びついて歯に固着してしまいます。

    固着するまでには何日もかかりますので、
    毎日しっかり歯をきれいにしていれば黄ばんだり、
    くすんだりすることはありません。

    コーヒーや紅茶のタンニン(茶しぶ)も放置すれば
    ヤニと同じように黄ばみやくすみの原因になります。
    予防はやはり毎日の丁寧なブラッシングです。

    タバコを吸う方は、ヤニ取り専用のハミガキを使うと
    一層効果的ですが、すでにひどくなってから落とそうとして
    強く磨きすぎると、歯や歯茎を傷つけるため注意が必要です。