キシリトール

    最近、虫歯予防の効果のあるガムなどに
    含まれているキシリトールは1997年4月より
    食品添加物として認可された甘味料です。

    欧米では以前からチューインガムなどに使用されています。

    キシリトールは樺や樫などの樹木からとれる
    キシラン・へミセルロースを原料とした甘味料で、
    多くの野菜や果物に含まれている天然素材です。

    カロリーは砂糖の3/4ですが、甘味度は砂糖と同等にあります。
    なぜ虫歯にならないかというと、
    キシリトールは口の中の細菌による発酵を受けないため、
    ムシ歯の原因である酸を作らないためです。

    また、ミュータンス菌(ムシ歯原因菌)の活動を弱め、
    歯垢(プラーク)の増殖を抑える効果が確認されています。

    現在は、お菓子のほかに、口内のケア用品や
    医薬品にも利用されるようになっています。