磨き残しの見つけ方

    市販されている、歯垢の染色剤を用いれば、
    誰でも簡単に歯垢を検出できますが、
    手鏡を使って明るいところでよく見ると確認することができます。

    歯をみがいた後に、
    歯垢が残っているかどうか確認することは大切なことです。

    きれいにみがけている歯は、光沢があります。
    手鏡で見たとき、歯のふちなどが光沢なく白く見えるようでしたら、
    みがき残しと思われます。

    爪でこすってみて白いものがついてきたら、それは歯垢です。

    その他にも、舌で歯の表面を触るとザラザラしたり
    ヌルヌルした感じがしたら、歯垢が残っています。

    ブラッシングの前後で感触を比較してみると良くわかります。
    ブラッシングの癖などで、いつも同じ場所に取り残しの歯垢があると、 ムシ歯や歯周病の原因になります。